うつ病とは?

うつ病を詳しく解説

このサイトはうつ病とは何かを分かりやすく解説し、克服する方法を知ってもらうためのものです。
またこの病気になった人が転職を成功させるためにどうしたらいいのかを仕事面からもご説明しています。
さらにこの病気の治療は、保険適用になるのかという疑問や非定型の原因などにも触れた内容も盛り込んでいます。
急に気力がなくなり、どうにかしたいのに何をしたらいいのか分からず、一人で不安を抱えて誰にも相談できない状態の人に読んでいただきたいサイトです。

うつ病とは?分かりやすく解説

うつ病とは?分かりやすく解説 何らかのストレスで、眠れない・食欲がない・1日中気分が落ち込んでいる・何をしていても楽しめないという状態が2週間以上続いている場合、うつ病になっている可能性が高いです。うつ病になりうるストレスは、精神的なものから身体的なもの、もしくは両方が重なることも考えられます。
それらのストレスが脳の機能障害を起こしているのです。
人は脳が働かないと、いろんなことを否定的にしか捉えられなくなったり、自分がやることがすべてダメなことのように感じたりと追い込まれていきます。
うつ病とは、普段なら時間が経てば忘れられることもずっと頭を反芻している状態が続く恐ろしい病気なのです。うつ病は早く治療を始めるほど回復が早いと言われているので、少しでも違和感があったら病院に行くことが望ましいです。

イライラして攻撃的になってしまうのはうつ病の症状かもしれない

イライラして攻撃的になってしまうのはうつ病の症状かもしれない 今までずっと熱中していた趣味に対して興味が持てなくなり何もかも楽しめなくなってしまった、気分の落ち込みがひどくて涙もろくなりネガティブ思考になってしまう、些細なことでイライラして攻撃的になり周りの人に当たり散らしてしまうことがある、体が重くてだるくてやる気が起きず引きこもりがちになっているなどの悩みがあり、心の不調に不安感を抱いているという方は多いのではないでしょうか。
その不調はうつ病である可能性がありますので、早めにメンタルクリニックを受診して専門医に悩みを相談しカウンセリングと診断を受けるべきです。
うつ病であるという診断に至った場合は、そのまま治療に移行します。抗うつ薬や睡眠薬や精神安定剤などを用いた投薬をメインとした治療が行われますが、精神疾患は投薬以外のアプローチも必要になります。そこで重要になってくるのが、しっかりと休息を設けて心が元気で健やかな状態に戻るまで焦らずゆっくり無理をせずに過ごすということです。ストレスの原因となっていたものから少しの間離れてみて、心身ともにリフレッシュさせることが大事なポイントです。
心の不調が解消されれば再び趣味を楽しむことが出来るようになりますし、何事もポジティブに考えられるようになります。

うつ病の症状は自覚のない部分にも存在する

うつ病の症状は、1つだけではありません。
複数あるため、あらかじめ確認して当てはまるかチェックすることが必要です。
いくつかぴったりな場合は、なるべく早く治療を受けることが望ましいでしょう。
自覚症状は憂鬱な気分が1か月以上続く、気分が重い・集中力がなくなる・いつでも悲しくて不安な事や、趣味をやるのも嫌になったなどもあげられます。
また、物事をネガティブな方へ考えてしまいがちになる事や、不眠・死にたくなるなど今まで考えなかったことを考える自分を自覚する人も少なくありません。
周囲から言われることとしては、表情が暗い・声をかけても反応が遅いといったことがあげられます。
さらにいつでもそわそわしていて落ち着きがない・お酒の量が増えた・涙もろくなっているなど、言われることも少なくありません。
特に気分に問題がなくても、食欲不振や身体がだるい・疲れやすいといったことが1か月以上身体的にある場合も、うつ病です。
もし複数の項目に当てはまるなら、すぐに医療機関に相談し、治療を開始することが大切となります。

うつ病になったら早めに治療を行うことが重要

今はストレス社会といわれており、多くの方が仕事や学校や家庭で何らかのストレスを抱えながら生活を送っています。
そんな時には十分な睡眠と栄養のある食事そして気分転換が必要ですが、それでも気分すぐれないあるいは、全く生きる希望がない、自分には価値がないように思えるといった場合には、心の病であるうつ病が考えられます。
それで、もし「うつ病かも」と思ったなら、早めに精神科や心療内科などの医療機関で治療を行うことが重要です。
早めに治療を行うことで短い期間で治ることもあるからです。
医師は患者さん一人一人の状態をしっかりと観察したうえで、その人に合った方法で対応してくれます。
カウンセリングで治る人もいればお薬を服用することも進められることもありますし、もっと重傷ですと入院する必要があります。
絶対に自己判断をしたり「そのうち治るから大丈夫」などと無理をするのではなく、ぜひ誰かの助けを得ることがとても大切です。

日本人に多いうつ病の原因をチェックしておく

うつ病の原因についてはよく分かっていませんが、感情は脳によって生み出されるものです。そのため脳の働きに何らかのトラブルが発生することにより、このような症状が発生すると考えられています。具体的には脳の神経伝達物質のバランスが乱れることにより、うつになるということです。また、性格や環境変化なども関わってくると言われており、さまざまな原因によってうつ病が引き起こされるのです。うつ病になりやすい性格としては、真面目や完璧主義、凝り性といったものが挙げられます。このような人はストレスに弱いため、うつになりやすいということです。学校や職場などでいじめを受けた場合や何かに失敗してしまった場合、家族との死別といった悲しい出来事が発生した時なども注意が必要です。さらに、結婚や妊娠、出産、進学、就職、昇進などの嬉しい出来事がストレスとなってしまうこともあります。環境が大きく変化した時などは特に注意しましょう。

うつ病に罹ると脳の機能が低下することがあります

うつ病は大変ポピュラーな精神疾患なので、誰でも罹る可能性があります。 心の病気のイメージがありますが、脳のセロトニンが不足すると発症しやすい病気です。 集中力や気力、意欲が減退して仕事や家事でミスが増えたり、好きな趣味や娯楽を楽しめないなどの症状が見られるようになります。 気になる症状が2週間以上続く場合は、精神科の病院やクリニックを受診することが大事です。 カウンセリングや問診、診察などを行うことで、病気の診断が付きます。 脳の機能が低下するため注意力や判断力が低下してしまい、日常生活に支障をきたすことが多いです。 うつ病は抗うつ剤、抗不安薬、睡眠導入剤などを続けることで、少しずつ辛い症状が改善します。 十分な休息や睡眠を得ることで、頭の血流が良くなり体調が良くなることが多いです。 うつ病は少し回復してくると趣味や娯楽を楽しんだり、家事や育児などをこなせるようになります。 セロトニンを多く含んでいる卵や牛乳などの食品を摂るようにしましょう。

うつ病の前触れとして覚えておきたいサイン

うつ病は突然発症するのではなく、何らかの前触れがあることが多いようです。受診をためらう人も多いのですが、何らかのサインが現れたらできるだけ早めに専門の病院で見てもらうことが大切です。主なうつ病の前触れとしてよく言われるのが、急に口数が少なくなったり出かけなくなったり趣味を楽しめなくなることであり、不眠に陥るケースもあります。また、食欲は低下して食べたいという気持ちもわいてきませんし、お酒の量が急に増えることもあるようです。職場での様子としては、これまでに見られなかったような失敗を繰り返したり明らかに能率が悪くなっている時には注意しなければなりません。勤怠に関してチェックすると、遅刻や欠席が増えてきて仕事に支障をきたすこともあります。 このように表れるサインは多岐にわたりますし、個々でも違いがありますので、いつもとは違うと感じたら受診することをお勧めします。すぐに対処することが何より大切です。

うつ病の兆候を見逃さず早めに対処して症状を悪化させない

無気力状態になったり些細なことでイライラしたり気分の落ち込みが激しかったり倦怠感に襲われたりなど、うつ病の兆候となる症状はいくつかありますが、不眠もその代表的なものです。睡眠障害をこじらせてうつ病に発展するという人も多いです。寝ようと思っても考え事をしてしまったりして目が冴えて寝付けない入眠障害、眠りが浅くちょっとした物音に敏感に反応したり悪夢や金縛りに見舞われたりして起きてしまう中途覚醒、目覚ましが鳴る前に早めに目覚めてしまう早朝覚醒などの症状があり熟睡できずに悩んでいる方は多いのではないでしょうか。それはうつ病の兆候かもしれませんので、たかが不眠と軽く見ずにまずはメンタルクリニックでカウンセリングと検査を受けましょう。睡眠薬のみで対処できる場合もあれば、抗うつ薬や精神安定剤などの投与を必要とする場合もあります。精神科や心療内科を受診することに抵抗を感じるなら、手始めにカウンセリングルームを利用するという方法がおすすめです。

本町でカウンセリングを探すなら

本町 うつ病

新着情報

◎2020/12/8

非定型うつ病の原因
の情報を更新しました。

◎2020/10/16

保険適用になる?
の情報を更新しました。

◎2020/09/15

サイト公開しました

「うつ病 症状」
に関連するツイート
Twitter

季節性うつ病は、主に秋~冬にかけて症状が悪化し、春先には軽減すると言われています。症状としては、通常のうつ病と同じような気分の落ち込み・憂鬱感・疲労感・何に対しても興味や意欲が持てないなどの症状が現れます!

うつ病というネガティブなイメージを打ち消すような、親近感を感じられる用語を使うことがここではポイントとなっています。そうすれば、症状を抱える人たちが助けを求めやすくなるでしょう≫ これかー。

そこからうつ病とはなんぞやと思い数年。。、本当に鬱で悩む友達の友達の症状を聞いたところ、無気力。なにもできないと…

返信先:一生向き合うのは辛いですね😥 黒澤さんは、結局うつ病症状に「戻った」ように感じるかも知れませんが、私には違う感じに見えます😌 どのような状況でも自分の考えをしっかり持っていて、常に変化を恐れず進める行動力があると思います😳 うつでもないのにダラダラしている私を笑ってやって下さい😌

笑顔うつ病……………他人事に思えない症状しててキュッってなった